有酸素運動と無酸素運動

有酸素運動と無酸素運動の違い

よくダイエットには有酸素運動と言いますが、無酸素運動の違いはどこにあるのでしょうか?

 

わかりやすく表にしてみました。

 

有酸素運動 無酸素運動
運動強度 隣の人と話ができない 隣の人と話ができる
運動時間 長く出来る 短時間
筋肉の大きさ 細い 太い
筋肉の質 遅筋 速筋
ダイエットは? 効果的 効果的ではない

 

 

有酸素運動をしてダイエットをしようと考えるときに、同時に問題になるのは、無酸素運動の問題ですよね。

 

問題といいますか、ダイエットの際に何か運動をしようと考えたときに、その運動が有酸素運動なのか、無酸素運動なのか、というのは、結構気になることだと思います。

 

ダイエットの場合には、まず脂肪を燃焼しなければ、と思いますから、そのためには、有酸素運動がいい、と多くの情報ではいわれているんですよね。

 

どのスポーツもそれぞれ有酸素運動と無酸素運動の両方の面を持っているそうなんですが、その辺の区別が曖昧のため、困ってしまうのかもしれません。

 

有酸素運動というのは、たしか、酸素を使って、糖質や脂肪を消費する運動のことをいうのだったと思います。

 

有酸素運動は、長い時間続けられるそれほどきつくない、することで、身体の内部にいい効果をもたらす運動、のような感じで、定義されていたんじゃなかったでしょうか。

 

詳しい有酸素運動の定義は調べてみないと分かりませんが、とにかく、文字通り酸素を使う運動のことをいうみたいです。

 

有酸素運動が酸素を使う運動であるなら、無酸素運動は文字どおり酸素を使わない運動のことをいうんでしょうかね。

 

ちょっと調べてみたところ、なんでも無酸素運動は、有酸素運動と違い、酸素を使わないで筋肉を収縮させるエネルギーを発生させるものだそう。

 

そう聞くと、陸上競技の短距離などの瞬発力を必要とする感じのスポーツは、有酸素運動よりも寧ろ、無酸素運動としての面が強い感じがします。

 

呼吸をしないで行う運動が無酸素運動というよりも、呼吸している間もない運動が、無酸素運動という感じなのかもしれませんね。

 

詳しくは分かりませんが、スポーツの場合競技の時間によって、同じ強度の運動でも、有酸素運動になったり、無酸素運動になったりするようですよ。

 

また、無酸素運動は、有酸素運動と上手く組み合わせることで、ダイエットに効果的だというのは、聞き及んでいましたが、真偽のほどはどうなのでしょうね。

 

よく聞くのは、無酸素運動を行った後に、有酸素運動をすると、脂肪が燃焼しやすいとかなんとかというものですが、調べてみるとダイエットが楽になりそうですね。

 

有酸素運動と無酸素運動では、それぞれもたらしてくれる効果もどうやら違うようなんですよ。

 

有酸素運動は先ほどからも少し触れているように、体脂肪を燃焼してくれる効果があるとのこと。

 

一方無酸素運動は、有酸素運動よりも強度が強い運動が多く、また酸素を必要としないので、筋肉内の糖質を使って筋肉を鍛え、基礎代謝量をアップしてくれるみたいです。

 

こうして、調べてみると、なんだか有酸素運動も無酸素運動もダイエットに欠かせないような気がしてきました。

 

有酸素運動だけを続けていても、もちろん効果はありそうですが、無酸素運動で基礎代謝が増やすことも大事ですね。